GREEとは?

創業者である田中良和が個人的な趣味の一環として1人でGREEを開発し、サービスの提供を開始。その後、2004年12月にグリー株式会社を設立し、GREEの本格的な運営が開始しました。
GREEは無料で登録でき、登録には携帯電話(au、docomo、SoftBankのいずれか)のメールアドレスが必要となります。
現在はMobageとともに基本的に無料の携帯電話向けブラウザゲームを全面に押し出したSNSとして知られていますが、設立当初はmixiのように交流機能を主軸としたPC向けのSNSだったのです。
GREEという名前の由来は、社会心理学者のスタンレー・ミルグラムによる「Six Degrees of Separations」(六次の隔たり)から名付けられていて、これは「知り合いから知り合いへ人のつながりをたどっていくと、6回のつながりで世界の全ての人に行き着くことができる」という仮説であります。
「ネットワークやコミュニケーションに代表されるインターネットの面白さ・便利さ・楽しさを新しく生み出していく存在でありたい」というメッセージも込められているようです。 会員数は運営元によると、2011年9月末時点で約2700万人となっています。
2011年4月にはOpenFeint社(カリフォルニア州に所在の米国モバイルソーシャルゲームプラットフォーム運営会社)を完全子会社化したことに伴い、OpenFeintの利用者数を合算し、利用者数を「1億人超」とオフィシャルサイトで表明しているが、このM&Aに伴う増大を純利用者数とすることには異論もあると思われます。

おすすめ情報

[PR] ポイントでお小遣い稼ぐならi2iPoint
[PR] オススメのダイビングショップはこちら!
[PR] いよいよ始まる電力自由化!電力の比較ならエネチョイス